アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歯列矯正」のブログ記事

みんなの「歯列矯正」ブログ


歯列矯正体験記 その3。

2013/12/23 15:16
SH療法は、私にとっては120%以上の満足でした。

歯並びがキレイになったことに加え、数々の副産物があったから☆
正直治療において不満だったことや後悔したことはありません。
いいことだらけだったなぁと思います。

下記にSH療法で良かったことを書き連ねていきます。


【誰にも気付かれない】
人目気にしいの私にとっては本当に本当に有難いことでした。
多分、会社の方々は誰も気づいていないのではないでしょうか。
お泊まりでもしない限り、治療していると思われることはありません。

【歯磨きや食事のストレスがない】
たった2年とはいえど、毎日3食のこととなればストレスです。
矯正中の歯磨きの大変さはよく聞きますし。
食べ物が挟まる以外はいつも通りです。

【口内を噛むことがなくなった】
舌やほっぺたを噛むことが格段に少なくなりました!
歯列が広がってスペースにゆとりができたため。
一般的な矯正は歯を間引いて歯列を詰めるものなので、
本当にそっちを選ばなくてよかった・・・と背筋が凍る思いです。

【声の出が良くなった】
私の歌好きは誰しも(?)知るところではあると思いますが、
格段に声の張りが良くなりました。
先生によるとこれも歯列が広がった効果だそうで、
窮屈さがなくなった分、舌の筋肉もリラックスするそうです。

【睡眠中の食いしばりがなくなった】
朝起きたらあごが痛い・・・なんてことがよくあったのですが、
それも歯列の余裕や筋肉のゆとりのバランスなのでしょうね。
仕事のストレスが軽減されたのも一因だと思いますが。

【歯の着色が付きにくくなった】
今までは歯医者でクリーニングしても、
わずか1ヶ月程度で茶渋汚れがついてしまっていました。
今は全然です。
歯の磨きやすさもそうですし、
凹凸による唾液の流れの悪さが影響しているそうです。

【唇もうっかり噛まなくなった】
出てた分が引っ込んだので、そりゃそうなのですが(笑)
普通に閉じたら唇の内側に前歯が乗っかっていたのが、
今では完全に内側に収まっています。

【痩せた?と言われる】
むしろ体重的には5kg近く太ったのですが・・・!
輪郭が見違えるほどほっそりしました。
自分でも昔の証明写真で顔の丸さに驚きます(^^;)

抜かない矯正はゴリラみたいな顔になるとか言われていたりしますが、
私の場合はまさに真逆!
口の中は広げているはずなのに不思議・・・。


そんな感じで気にしていたこと、悩んでいたことが、
たくさんたくさん一気に解決されて、気分が変わりました。
辛いほど痛い思いをすることもありませんでした。

この治療が広く知られていないことが本当に残念です。
色々な理由で矯正治療に踏み込めない方々に、
少しでもSH療法を知っていただけるきっかけになればと思い、
今回の記事を書きました。

また患者の最善の可能性を探ってくださった、
ステキな先生との出会いもこの結果に結びついていると思います。
予約をする前に何日もかけてホームページを読み込んだ、
自分の選定眼にも安堵の気分です。

私はこれから後戻りをしないように、
数ヶ月に1回の通院を続けます。

器具を大事にしている限り、続きはいつでも始められるそうなので、
こういう柔軟性のある選択も私に合っていたと思います。
違うと思ったら辞められる、という要素も大事だと思うのです。

私の経験が歯列矯正という
大きな選択の参考になりましたら幸いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歯列矯正体験記 その2。

2013/12/23 14:33
SH療法の治療は至って簡単です。

検査後、数ヶ月で器具が出来上がってくるので、
寝る前に歯を磨いてセットしてそのまま寝る。
朝起きたら外して、普通の生活を送れば良いだけです。

結構ガッチリとした器具なので、
付けると舌が動かなくなって相当喋りづらいです。
まぁ夜通し喋ることもそうないですし、
強制早寝習慣になってよかったですけど。

寝る直前まで待つと装着を忘れてしまうので、
私は夜早めに就寝の準備をして、
オルソケラトロジー用のコンタクトと
SH療法の器具をつけて。

矯正器具だらけで寝る創真さん(笑)

寝る前までに小腹がすいたら、
食べる時だけ外して再び装着してました。
電話がかかってきた時は下だけ外して喋ったり。

わりとそんなゆるい感じで大丈夫でした。

1日8時間〜10時間の装着が目安なので、
残業が続いた時はその時間が確保できず、
なかなか治療が進まない時期もありました。

そういう時はここぞとばかりに休日に寝だめをし、
治療のためだと都合よく自分に言い訳ヽ(´▽`)ノ

1ヶ月に1回歯科医院に通い、
進捗チェックや器具の調整を行う感じでした。
半年に一回くらい歯形を取りましたかね。

少しずつしか動かないので実感は薄いですが、
最近のと比べるとものすごい違いで驚きます。

大体起きた時にじんわりとした痛みがあって、
固いものを噛むのが少々しんどいですが、
器具を外して数時間でなくなるので、
日常生活には全く支障がありませんでした。

最初の一年くらいは歯の隙間がどんどん空くので、
とにかく色々な食べ物が挟まって気持ち悪いですが(^^;)
食後の歯磨きや100均のフロスを愛用してました。

でもそれは確実に歯列が広がっている証拠なので、
私としてはむしろ嬉しい実感ではありました。


そのまま淡々と契約した3年間治療を続けました。

もっと高みを目指すこともできるそうですが、
私は十分な結果を手に入れたので、
ひとまずここで治療をストップすることにしました。

この治療は決して審美歯科ではなく、
噛み合わせ治療という名目なので、
美しさでいったら、まだ80点くらいだと思います。

完全に出っ歯じゃなくなったかと言われればそうでもなく、
まぁ出てる方かも、くらいだと自己評価してます(;^^)ゞ

ただ突出していないだけ目立たなくなりましたし、
私自身も笑顔に抵抗がなくなりましたし、
凸凹がなくなったので揃ってキレイになりました。

元々顔の面積に比べて歯が大きいので、
せめてもう少し白い歯だったらキレイだなぁと、
今度はホワイトニングにも挑戦したいなぁとか思ったり。

先生には金属の詰め物を白いのに変えるのもオススメされました。

人間、どんどん欲が出てくるものですね(笑)

ちなみに今までは笑うと奥歯のかぶせ物が見えていたのですが、
現在では笑っても見えなくなりました。
引っ込んだというか何というか、スゴイ効果ですね。

次の記事では数々の副産物を書き記したいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歯列矯正体験記 その1。

2013/12/23 12:24
もはや消息不明の勢いでブログ放置していました。

まぁ頑張ってしまうと続けるのが嫌になってしまうので、
頑張らない程度がちょうどいいと、
都合よく自分に言い聞かせています(何)

2年以上前からオルソケラトロジーを始めて、
その体験記を綴っておりましたが、
それより少し前から歯列矯正も始めていました。

オルソケラトロジー同様、
これまたマイナーな治療法を選んだ私なのですが(笑)

先日、始めてから丸3年が経ち、
かなりの効果と結果が出たので、
この治療法も少しでも広まって欲しいと思い、
ブログに書き残したいと思った次第です。


私はSH療法というものを行いました。

学生時代はそこまで大きくは気にしていなかったのですが、
大人になってボイトレをやっていた頃に人前で歌うようになり。
その時の写真や動画を見るたびに気になってきて。
心無い酔っ払いに出っ歯と言われることもあったりして。

社会人になって褒められることもなくなったため、
どんどん自分に卑屈になっていった心境もあったかもしれません。

それでまずは近所の矯正歯科で一般的なタイプの方法の話を聞いたり。
裏側矯正をやっているところにも行きました。

でもどこへ行っても最低4本は抜歯だと言われ。
歯並びはキレイにしたいけど、歯を抜くことが良い結果に繋がるとは思えず・・・。

抜かない矯正を行っているところも調べたけれど、
一時的にものすごく痛くて器具が目立つ治療をしなければならないようで、
その期間も果たしてどうなのだろうと悩み・・・。

どの治療も20万程度の前後はあれ、
総治療費は100万ほど。

後戻りはできないし、一生ものだし、
大金を出すのなら妥協はしたくない。


そして一年近く悩んでさまよった頃、
セレライン矯正というものを見つけました。

一日中透明なマウスピースを装着して行う矯正法で、
年数はかかるけれども、見た目にはわからないし、
歯は抜かなくていいし、食事中は外せる!

これだー!!!と歯科医院を吟味して来訪。

歯形を取ったり数週間に渡り色々な検査をされて。
そして先生の一言。
「きっとSoumaさんはSH療法の方が合っていると思います」

自分が思っている以上に歯並びはひどいものだったようで、
セレラインでは時間がかかりすぎるだろうから、という理由でした。

SH療法は床矯正の一種で、
金属系の器具を就寝中に入れることによって、
裏側から歯列を広げていくというものです。

歯は抜かない、日常生活で器具はいらない、
それだけで私の要望はクリアしていたので、
二つ返事で矯正スタート。

一般的なワイヤーを使った治療は平均2年でしたが、
私の場合、SH療法では3年。
でも見た目にわからない、負担が小さいというだけで、
その1年の差は大したことではないと思いました。

そんなこんなで2010年12月からこの治療を始めました。
次の記事では実際の治療の経過について。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「歯列矯正」ブログ

天然幻想曲 歯列矯正のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる