HDDレコーダー使用雑感。

誰かのファンをやっている人には必須アイテムですよね。

私、ずっと東芝のRD-XS38を使っておりましたが、
先日ソニーのBDZ-RX100に鞍替えをいたしました。

今年の1月の話ですけど。

遅いにも程がありますが、
だいぶ色々使ってきてそれぞれの良いところ悪いところ見えてきたので、
タレントファン的目線から見る雑感でも。


私は東芝製の編集機能のマニアックぶりが気に入っていて、
ブルーレイ対応が出るまで待っていようと思っていたのですが、
あまりにもDVDをダビングしすぎたのか、
私の日頃の使い方がずさんだったのかで、
DVDドライブさんが不調を起こしてしまいまして。
焼いたDVDを一切読み込まなくなるという事態に。

私にとってはとても重大なアイテムなので、
速攻ヨドバシさんに駆け込んで、
一番編集機能が近いと店員さんオススメのソニー製を購入。

残念、1ヶ月間に合わず。


でもね、ソニー製にして本当に良かったと思うのはやっぱりスゴ録
これマジハンパない!

早速「次長課長」「河本準一」「井上聡」と登録しましたが、
それ以来、本当に録り逃しゼロ!
テレビ欄に書かれていなかったものさえキッチリ録画してくれている!

多分、河本さんのお宅もソニー製のを使ってるんでしょうね。
奥様が番組を全部チェックされると言ってましたし。

正直、東芝製のはキーワード検索、でんでんでした。


で、私の中の肝であった編集機能。
ソニー製も全然悪くないです。

ちょっとコマ送りの反応が鈍くて面倒ですけど。
しかも連打すると急に早回しになったりするし。
そこはアナログと地デジのデータ量の違い?

東芝製のは全部カット点を編集してからプレイリスト作成なのに対し、
ソニー製はひとつひとつカットを追記していく形。

とりあえず私は1つの番組を1タイトルで入れるタイプなので、
あまり不便はないですが、たくさん繋ぎ合わせるのは東芝製の方が便利かも。

あと、地デジのダビング10はプレイリストを作っても、
1コピーになってしまう模様。お気を付けを!


同時にできることもそれぞれ違っていまして。

東芝製では録画中も編集、ダビングができましたが、
その代わり録画中の削除は一切できない。

ソニー製は録画中でもタイトル削除ができますが、
編集、ダビング、早回し再生ができず。

私のような録画魔だと、いつ編集すればいいんですか。
もう4ヶ月分の録画が1TBにパンパンですよ!
もうヤバイ!ダビングしなきゃとは思ってるんですが。


そんな感じで総評としては、買い替えはかなり満足。


実際に使用してみての感想が誰かの参考になれば幸いです。
アデュー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック