オルソケラトロジー体験記【4】。

オルソケラトロジーが効果あり、と判断された場合は、
1週間さらにお試し期間が設けられます。

続けていくと段々と安定してよく見えるようになっていくものらしいので、
さらに様子を見ることになります。

コンタクトは左右で色が違うので間違えにくいようになってます。
通常のハードコンタクトレンズよりも一回り大きい。
黒目とほぼ同じ大きさなので、正直ちゃんと中央に乗っているか鏡ではわからない。
でもちゃんと正しい位置にコンタクトが乗っていないと効果が出ないので、慎重に見ています。
そこのところは異物感で何となくわかるのは、ハードコンタクトを長年使用してきた経験か。


初日、コンタクトを朝外した時は視界が変わらないことに驚きました!

コンタクトを外したかどうかもわかりづらいので、
なくさないように気を付けた方がいいかも。

ちなみに、角膜の形をきちんと維持するために、
スポイトを使ってコンタクトを外します。

初日はやはり視力が戻ってしまうのも早く、
夕方には不便なくらいぼんやりしてました。
でも、治療を始める前、全く見えなかった度の弱いメガネでも、
視界がクッキリしたので、なかなかの効果はあるのだと思います。

3日目に初めて会社に行ったのですが、
夕方には若干見づらいかなぁという感覚。
でも一応仕事に支障はなく1日を過ごせました。

5日目にトラブル発生。
左目のコンタクトが吸い付きすぎてしまい、角膜が剥がれるかと思った(^^;)
その日は左目の視界がぼんやり。

問い合わせたところ、外す時に吸着しすぎて角膜の形が変わってしまったのでは、とのこと。
目薬で潤してからつけて、潤してから外すようにと指示を受ける。
気を付けます(-_-;)


1週間後に再び検査。

「目がパッチリされましたね」と言われたのが印象に残っています。
やっぱり見にくいと無意識に目つきが悪くなってるんですね。

視力は0.8程度。
日常生活もコンタクトを使っていた時ほどクリアには見えないけれども、
特に大きな不便は感じない、といったところです。

私、ほとんどパソコンの画面しか見てませんので・・・。

夜、家に帰ってきてテレビを見ると少し不鮮明だな、と思うことはあります。
でももう度の弱い方のメガネも合わないので、どうしたもんですかね。
もう少し続けていれば、鮮明に見えるようになるのかしら。

私の場合、コンタクトの度数はかなり強めに設定されています。
それでも現在1.0見えないので、少し不安と言えば不安。


霞み目はパッタリとなくなりました。
アイメイクからの目の痛みに悩むこともなくなりました。

それだけでも快感!!!

改めて裸眼で過ごしているんだなぁと思うと、不思議な感じです。

通常のハードコンタクトと同じだけのお手入れの手間はありますが、
そこは手慣れたものですので、私は苦になってません。


次回は1ヶ月検診になります。

またその時の状況をお伝えできたらと思っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック