歯列矯正体験記 その1。

もはや消息不明の勢いでブログ放置していました。

まぁ頑張ってしまうと続けるのが嫌になってしまうので、
頑張らない程度がちょうどいいと、
都合よく自分に言い聞かせています(何)

2年以上前からオルソケラトロジーを始めて、
その体験記を綴っておりましたが、
それより少し前から歯列矯正も始めていました。

オルソケラトロジー同様、
これまたマイナーな治療法を選んだ私なのですが(笑)

先日、始めてから丸3年が経ち、
かなりの効果と結果が出たので、
この治療法も少しでも広まって欲しいと思い、
ブログに書き残したいと思った次第です。


私はSH療法というものを行いました。

学生時代はそこまで大きくは気にしていなかったのですが、
大人になってボイトレをやっていた頃に人前で歌うようになり。
その時の写真や動画を見るたびに気になってきて。
心無い酔っ払いに出っ歯と言われることもあったりして。

社会人になって褒められることもなくなったため、
どんどん自分に卑屈になっていった心境もあったかもしれません。

それでまずは近所の矯正歯科で一般的なタイプの方法の話を聞いたり。
裏側矯正をやっているところにも行きました。

でもどこへ行っても最低4本は抜歯だと言われ。
歯並びはキレイにしたいけど、歯を抜くことが良い結果に繋がるとは思えず・・・。

抜かない矯正を行っているところも調べたけれど、
一時的にものすごく痛くて器具が目立つ治療をしなければならないようで、
その期間も果たしてどうなのだろうと悩み・・・。

どの治療も20万程度の前後はあれ、
総治療費は100万ほど。

後戻りはできないし、一生ものだし、
大金を出すのなら妥協はしたくない。


そして一年近く悩んでさまよった頃、
セレライン矯正というものを見つけました。

一日中透明なマウスピースを装着して行う矯正法で、
年数はかかるけれども、見た目にはわからないし、
歯は抜かなくていいし、食事中は外せる!

これだー!!!と歯科医院を吟味して来訪。

歯形を取ったり数週間に渡り色々な検査をされて。
そして先生の一言。
「きっとSoumaさんはSH療法の方が合っていると思います」

自分が思っている以上に歯並びはひどいものだったようで、
セレラインでは時間がかかりすぎるだろうから、という理由でした。

SH療法は床矯正の一種で、
金属系の器具を就寝中に入れることによって、
裏側から歯列を広げていくというものです。

歯は抜かない、日常生活で器具はいらない、
それだけで私の要望はクリアしていたので、
二つ返事で矯正スタート。

一般的なワイヤーを使った治療は平均2年でしたが、
私の場合、SH療法では3年。
でも見た目にわからない、負担が小さいというだけで、
その1年の差は大したことではないと思いました。

そんなこんなで2010年12月からこの治療を始めました。
次の記事では実際の治療の経過について。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック