歯列矯正体験記 その2。

SH療法の治療は至って簡単です。

検査後、数ヶ月で器具が出来上がってくるので、
寝る前に歯を磨いてセットしてそのまま寝る。
朝起きたら外して、普通の生活を送れば良いだけです。

結構ガッチリとした器具なので、
付けると舌が動かなくなって相当喋りづらいです。
まぁ夜通し喋ることもそうないですし、
強制早寝習慣になってよかったですけど。

寝る直前まで待つと装着を忘れてしまうので、
私は夜早めに就寝の準備をして、
オルソケラトロジー用のコンタクトと
SH療法の器具をつけて。

矯正器具だらけで寝る創真さん(笑)

寝る前までに小腹がすいたら、
食べる時だけ外して再び装着してました。
電話がかかってきた時は下だけ外して喋ったり。

わりとそんなゆるい感じで大丈夫でした。

1日8時間~10時間の装着が目安なので、
残業が続いた時はその時間が確保できず、
なかなか治療が進まない時期もありました。

そういう時はここぞとばかりに休日に寝だめをし、
治療のためだと都合よく自分に言い訳ヽ(´▽`)ノ

1ヶ月に1回歯科医院に通い、
進捗チェックや器具の調整を行う感じでした。
半年に一回くらい歯形を取りましたかね。

少しずつしか動かないので実感は薄いですが、
最近のと比べるとものすごい違いで驚きます。

大体起きた時にじんわりとした痛みがあって、
固いものを噛むのが少々しんどいですが、
器具を外して数時間でなくなるので、
日常生活には全く支障がありませんでした。

最初の一年くらいは歯の隙間がどんどん空くので、
とにかく色々な食べ物が挟まって気持ち悪いですが(^^;)
食後の歯磨きや100均のフロスを愛用してました。

でもそれは確実に歯列が広がっている証拠なので、
私としてはむしろ嬉しい実感ではありました。


そのまま淡々と契約した3年間治療を続けました。

もっと高みを目指すこともできるそうですが、
私は十分な結果を手に入れたので、
ひとまずここで治療をストップすることにしました。

この治療は決して審美歯科ではなく、
噛み合わせ治療という名目なので、
美しさでいったら、まだ80点くらいだと思います。

完全に出っ歯じゃなくなったかと言われればそうでもなく、
まぁ出てる方かも、くらいだと自己評価してます(;^^)ゞ

ただ突出していないだけ目立たなくなりましたし、
私自身も笑顔に抵抗がなくなりましたし、
凸凹がなくなったので揃ってキレイになりました。

元々顔の面積に比べて歯が大きいので、
せめてもう少し白い歯だったらキレイだなぁと、
今度はホワイトニングにも挑戦したいなぁとか思ったり。

先生には金属の詰め物を白いのに変えるのもオススメされました。

人間、どんどん欲が出てくるものですね(笑)

ちなみに今までは笑うと奥歯のかぶせ物が見えていたのですが、
現在では笑っても見えなくなりました。
引っ込んだというか何というか、スゴイ効果ですね。

次の記事では数々の副産物を書き記したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック